DSC_0950

羽田空港に24時を過ぎて到着する便や始発電車が動く前に出発する便がが増えています。現地滞在が長くとれて比較的安く売られているので、マニアに人気があるんです。

でも、どうやって過ごしたらいいか、どうやって空港に行けばいいか困ったことはありませんか?
いくつかおすすめの対策を紹介します。


羽田空港内のカプセルホテルに泊まる
羽田空港内にはカプセルホテル「ファーストキャビン(First Cabin)羽田ターミナル1」があります。第1ターミナルの1階到着階にあるので、大阪や福岡など国内便からの乗り継ぎで時間をつぶさないといけないときにも便利ですよ。

大浴場WiFiもあり、デザインもモダンでオシャレ。宿泊エリアはゲートで施錠され、女性専用キャビンもあるので、女性でも気にせずに使えますよ。キャビンウェアや使い捨てスリッパ、バスタオルシャンプ、ボディーソープなどに加え、女性専用の乳液等のアメニティも充実しています。



カプセルホテルと思えないファーストクラスは一度は利用してみたいですね!
※国内線ターミナル内にあるので、国際線に行く時はターミナル間シャトルでの移動が必要


羽田空港にある24時間営業のカフェで時間をつぶす
羽田空港は24時間オープンです。電車のある時間に空港に入りひたすら待つ。もしくは、電車が動くのを空港でひたすら待つことができます。

羽田国際線マップ
http://www.haneda-airport.jp/inter/map/

徹夜組はそんなに少なくないので、いいソファは早めにおさえましょう。


  


お台場の大江戸温泉に泊まる
意外な穴場「東京お台場 大江戸温泉物語」。そう、あの温泉テーマパークです。大江戸温泉物語に前日から泊まり、羽田空港へのシャトルバスに乗れるプランが用意されています。その名も「羽田空港 早朝便フライト前泊プラン」。早朝出発の人に人気です。

http://daiba.ooedoonsen.jp/other/flight01.html

温泉、サウナ、岩塩風呂、エステに居酒屋や仮眠室まであり、ただもうだらだら過ごしていれば、時間になっちゃいます。


「東横イン羽田空港1」に泊まる
早朝出発におすすめ。自宅からタクシーで行くくらいなら、ホテルに泊まりたいです。4時すぎから無料のシャトルバスが出ています。

必要なアメニティは揃っているので、余計な荷物は増えません。朝食の時間に間に合わない場合でも、おにぎりを持たせてくれるサービスがあります。



羽田空港の宿をもっとみる


●リムジンバスを使う
電車が動いてない時間でもバスは動いています。場所と時間が合えば、乗り換え不要で寝られるバスは最適な方法かもしれません。羽田空港発着のリムジンバスは、想像以上に路線が多いです。都内なら東京駅、渋谷マークシティ、吉祥寺などから出ていますし、なんと遠方の甲府や水戸、館山や御殿場、軽井沢などからも出発しています。

路線と時刻表
http://www.haneda-access.com/bus/index.html


●定額タクシーを使う
都内から6000円しても、4人で乗車すれば、ひとりあたり1500円。タクシーというだけで高く感じますが、家族や友人などご近所さん複数人で使うなら、ひとりあたりの料金をバスよりもおさえられます。

自宅から重い荷物をひきずる必要がないこと、リムジンバスと違い待つ必要がないことは大きなメリットですね!複数のタクシー会社で定額プランがあります。


●漫画喫茶&インターネットカフェはないの?
残念ながら、空港にはありません。最寄りは、電車で10分に位置する蒲田です。


Booking.com