IMG_0128


10年に1度の旅券更新の時期がやってきました!この間、残存期間が半年をきってしまったので、入国できない国がちらほらと。旅人の私がそれではいけないですよね。

何が必要なのかすっかり忘れていたので、すべきことをここに残します。(2018年1月現在の情報です。)


まずは、写真を用意する


30円で用意できると先日書いたので、実践しました!別の証明用にアプリ試し済みですが、パスポートでは初めてです。(10年前はまだスマホすら持っていなかったしね。)

証明写真の作成については、下の記事を読んでくださいね。

「まだ800円払っていませんか?たった30円でパスポートやビザ用の写真を用意する方法」
http://trip44.blog.jp/c/6309770

4x4Inches(10x10cm)_20180112151935029

アプリを使うとこんな写真が作れます。簡単簡単。サイズはアプリに従って撮れば問題ないですが、この写真は悪い例ですね。背景はごちゃごちゃ、顔は斜めを向いていて、前髪が長い。それに本人でもありません。

NG項目
・本人と判別できない
・背景と人物の境がわからない
・マスク、サングラス、長すぎる前髪、帽子、アクセサリーなどで頭や顔の一部が隠れている
・カラコンや若いころの写真でまるで別人
・背景に物が写っている
・正面を向いていない
・写真がぼけている
・明るさやコントラストが不自然
・写真が折れたり汚れている
・サイズが適切でない

今回は、朝日が差し込む明るい部屋で、無地の壁を背景に撮影しました。自分で撮影するのでいい表情がとれますね。背景がうすい色の場合は、濃い色の服がよいです。スマホでいくらでも盛れちゃうけれど、加工しすぎてはだめですよ。

完成したら、コンビニで印刷。30円でした。
※操作に迷ったら店員さんに聞いてみてくださいね。



写真の用意ができたら、次は申請です。

手続き場所:各都道府県に設置
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_6.html

申請と受取の2回行くことになります。めんどくさい。

IMG_2116


私の場合は残存有効期間があるので「切替発給」の手続きをします。


申請時に提出するもの

・証明写真1枚
・有効なパスポート(申請時に預ける。新パスポート受取時に無効状態で返却される。)
・一般旅券発給申請書(申請場所で用意がある。印鑑不要。本籍記入欄があるので分からない人は確認しておこう)

・住民票の写し ※以下(1)(2)に該当する人のみ
(1)住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望されない方
(2)住民登録をしていない単身赴任先や就学先等の都道府県で申請される方

本籍や氏名など情報に変更がない&有効なパスポートを持っている状態での切替申請は簡単ですね。スマホの写真でも問題ありませんでした
有効期限が切れている場合や紛失した場合、未成年は提出物が異なりますのでご注意を。

申請受付時間(東京都の場合)
月~水曜日  午前9:00~午後7:00
木・金曜日  午前9:00~午後5:00
土・日曜日  休み
国民の祝日・年末年始(12/29~1/3)休み


申請中は新しいパスポートを受領するまで、海外に行けません。

受取までは10日程度と言われていますが、東京都の交付日はこちらを参考にしてください。
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/passport/access/0000000438.html


受取場所
申請書を提出した場所(代理人による受取はできない)


受取時に提出するもの
・パスポート引換書
・発給手数料:11,000円(5年)または16,000円(10年)
「収入印紙・手数料取扱窓口」で手数料を現金で支払い、旅券引換書を受領窓口に提出。


旅券受領受付時間(東京都の場合)
月・火・水曜日  午前9:00~午後7:00
木・金・日曜日  午前9:00~午後5:00
土曜日 休み
国民の祝日・年末年始(12/29~1/3)休み

平日お仕事でも大丈夫ですよ。日曜日も空いています。ただし日曜は人が多いので、時間には余裕をもっていってくださいね。