明日から楽しみにしていた旅行なのに、体調が良くない。旅行中なのに、風邪をひいてしまった。1度や2度、経験があるのではないでしょうか。

せっかくの旅行なのにホテルのベッドでずっと過ごすことになったら寂しいですよね。私はただの風邪ならば、いつも数時間~1日で熱を下げているので、そのやり方をご紹介します。

用意するもの

あったかいパジャマなど
Tシャツ
ユニクロのライトダウン
ビタミンCのサプリ
ビタミンCが多く入った飲み物(なければレモン)
熱湯
ネックウォーマー
濡れタオル

やること

①寒気をとる
    →あったかいものを着こんで、布団に入る。寒気を感じない程度に部屋をあたためる。ネックウォーマーなどで首もあたためる。

②熱を自然にあげてウイルスとたたかう
    →39度以下なら解熱剤は飲まない。熱があがりきる前に解熱剤を飲むと、ウイルスを殺そうとする免疫反応を弱めてしまうことも。

③ビタミンCをたくさんとる
    →フルーツやサプリ、ドリンクから摂取。

④熱湯をさまして熱いうちに飲む
    →ご飯が食べられるなら、お粥かスープで体をあたためる。食べると気持ち悪いなら無理して食べない。

⑤トイレは我慢しない

⑥あったかくしたまま寝る
    →楽しいことも悲しいことも忘れて、寝る。

⑦寒気もなく、熱があがりきって落ち着いてきたら、ネックウォーマーと着込んでいるものを脱いで、いつもの寝る格好くらいの薄着で布団へ

⑧汗だくになったら着替える

⑨熱が少し下がってきたら濡らしたタオルで体をふく

※インフルエンザなどが疑われる場合には、ちゃんと病院に行ってくださいね。


38.5度とかあっても、これで大体1日以内には微熱まで落ち着いて動けるようになります。


風邪をひかないようにするのが一番大事。旅行中はとくに喉がやられやすいので、イソジンでうがいをして予防しましょう。

【第3類医薬品】イソジンうがい薬 50ml【ofp】
【第3類医薬品】イソジンうがい薬 50ml【ofp】