img1499654263453

「ラマダン」がはじまりましたね。

ラマダンとは

イスラム教徒が日中食事をせず神に感謝する期間のことで、 イスラム暦第9月の約1ヶ月間です。
成人しているイスラム教徒は夜明けから日没まで断食を行うことで信仰を深めます。水も飲めないのは暑い国では大変ですね。日の出から日の入りまでの間、飲食だけではなく喫煙や性交渉、喧嘩も禁止。




旅行者はどうしたらいいのか

イスラム圏へ旅行しても、イスラム教徒でなければ断食をする必要はありません。しかし、地元の人向けのほとんどの飲食店はしまっていますので、観光客向けのひっそり開店しているところで食事をとることになります。買ったものを外で食べるなど、ムスリムの人たちの前で食事をとることのないよう配慮が必要となります。

旅行しにくいことばかりではありません。いいこともあります。日没後はいつも以上に街が活気づくんです。セールも始まります。この期間にしかみられない光景がありますよ。日没後は禁欲明けの豪華な食事をとるのが一般的なので、街中のホテルやレストランでは豪勢に楽しみましょう。

イスラム教徒が多い国

キリスト教の次に多いことを知っていましたか?中東や北アフリカのイメージが強いですが、アジアにも多いんです。

・インドネシア(バリ島はイスラム教徒が少ない)
・インド
・パキスタン
・バングラディッシュ
・ナイジェリア
・エジプト
・イラン
・イラク
・ヨルダン
・イエメン
・トルコ
・サウジアラビア
・アラブ首長国連邦
・モロッコ
・アルジェリア
・マレーシア
・モルディブ
・ブルネイ
・チュニジア
・セネガル
・キルギス
・アゼルバイジャン
・トルクメニスタン
・ウズベキスタン
など


6月中旬まで上記の国へ行く人は、事前に情報収集をしっかりしましょう。