TS0529019_TP_V (2)

海外旅行ファッションで悩むことといえば、まず「ドレスコード」ではないでしょうか。日本でドレスコードを指定されると特別なイメージがありますが、国によっては比較的カジュアルな場でもドレスコードの指定があるところもあります。

ドレスコードとは

時間、場所、場面に応じて求められる身だしなみ。その場にあった服装マナーのことです。ドレスコードという名前ですが、必ずドレスを着なければいけないということはありません。

ドレスコードの種類

正礼装
 フォーマルとも呼ばれる。正式な場面、特に格式の高い場面の時に着用する正装。格式の高い結婚式や記念式典など。普通はほぼ出会う場面なし。男性は、昼モーニングコート、夜ホワイトタイ。女性は、ロングドレス(袖なし、胸開き)

準礼装
 セミフォーマルとも呼ばれる。冠婚葬祭に出席する際には準礼装が一般的。これも観光目的の海外旅行では、意識しなくて良い。男性は、ブラックスーツ(礼服)。女性は、上品なドレスやスーツ。きっちり感高め。

略礼装
 インフォーマルとも呼ばれる。結婚式などで「平服」と指定があった場合、この略礼装を指しています。日本人の友人の海外挙式に招待された場合は、これを指定されることが多いかもしれません。男性は、ダークスーツ(新たに買わなくてもブラックスーツでもOK)。女性は、ワンピース、ツーピーススーツなどドレッシーなもの。ハワイでいう"ムームー"など現地の正装を着るように指定がなければ、カジュアルになりすぎないこと。



スマートエレガンス(smart elegance)
 カジュアルな結婚式やパーティーなどで指定されることがある。服装は、略礼装とほぼ同じ。ドレッシーでスマートさと上品さが求められる。

カジュアルエレガンス(casual elegance)
 高級なホテルやレストランでこのドレスコードをよくみかけます。スマートエレガンスよりカジュアル。男性は、スーツもしくはジャケット着用の上品な服装。女性は、上品なワンピースやスーツ、スカートなど。

スマートカジュアル(smart casual)
 観劇やちょっとしたお呼ばれに。かしこまりすぎない綺麗めカジュアル。男性はジャケットとパンツの組み合わせでその場の雰囲気にあったものであれば大丈夫。女性は、普段着よりも少しおしゃれなお出かけ服を。男女ともに、ジーンズ、ハーフパンツ、Tシャツ、スニーカーなどの軽装はNGです。

カジュアル
 普段着でOK。


着るものに迷ったらこれ!

海外旅行で出会いやすい「カジュアルエレガンス」と「スマートカジュアル」に対応できるものが1着あると便利です。海外旅行のためだけに買うのはもったいないですが、シンプルで落ち着いた色味のものを選べば着回しがきくので、日本でも大活躍ですよ。

【男性におすすめ】無地ジャケット+パンツ+シャツ+革靴

暑くても気軽に羽織れる軽さ、肩パッドなしで畳めるという旅行に最適なトラベルジャケット。




【女性におすすめ】無地ワンピース+アクセサリー+ヒール靴

黒のワンピースは、きちんとした場にも普段使いにもぴったり。アクセで変化をつけてくださいね。



服や靴は高ければいい、ブランド物ならいいということはありません。場にとけこむものを選びましょう。昼より夜のほうが露出高めの人が多いです。ビーチリゾートなどでは女性のサンダルはOKとしていたり、場所によって多少基準が違いますが、指定されているときはいつでも「シンプルでキレイめ」を心がけましょう。